カテゴリ:ハロプロ( 97 )
大好きだったBerryz工房、大嫌いになったBerryz工房、かけがえのないBerryz工房
初めて認識したBerryz工房とは、「そこに行ったら人間として終わり」の場所であり興味を持ってはならない対象だった。モーニング娘。で初めてアイドル現場に通うようになってモーニング娘。と田中れいな至上主義の自分にとってBerryz工房はあまりにも幼く、近づこうとする発想は微塵も無かった。オフ会で少しでも話題に上がるものなら「絶対行かないよな〜」とサラリと流れていくようなトピックスだった。

だから2005年当時、自分が入り浸っていた「ネットラジオ in 狼板」でベリヲタDJが舞波の卒業発表を受けてSkypeで5〜6人繋がってるにも関わらず、無言でお通夜な状況が他人事であまりにもおかしく感じて笑ってしまってたのを覚えてる。そこから、最初にBerryz工房に興味を持ったのは、やはり「ネットラジオ in 狼板」の尊敬するレコード屋の店員DJさんが、当時のハロプロ個人的楽曲大賞の曲を繋げたMIX音源を上げていたのを聴いた時だった。2005年、美勇伝の名曲・紫陽花アイ愛物語の流れで、スッペシャル ジェネレ〜ション/なんちゅう恋をやってるぅYOU KNOW?を初めてまともに聴いた時の衝撃は今でも覚えてる。

そこからこっそりと狼のベリ関連のスレを観たり調べて、こっそりとモーニング娘。の遠征に合わせてこっそりベリの現場に行くことにした。こっそり、というのはモーニング娘。ヲタの知り合いに、もしベリコンに行ってるのがバレようものなら軽蔑されるに決まっているからだ。今では考えられない事かもしれないけど、実際に一部の現場では、まだまだローティーンアイドルのベリに対してそのような空気があったのは事実だ。

そんな中でこっそり参戦した初めてのベリ現場が「Berryz工房コンサートツアー 2006春 〜にょきにょきチャンピオン!〜」。シングル曲くらいしか予習していなかった自分にとって「秘密のウ・タ・ヒ・メ」や「恋してる時はいつも・・・」は感動したし(今でもベリで最も好きな曲のうちの2つ)、小学校卒業記念しての熊井ちゃんのランドセルによる「安心感」、何より佐紀ちゃんのソロダンスが鮮烈だった。あの時に、自分は完全に清水佐紀ちゃんに惚れた。一瞬にしてBerryz工房に対する偏見の呪縛から開放され、そこからハマるのは早かった。

コンサートツアーに行かない選択肢は無くなってた。「②夏夏ミニベリーズ」を引っさげてのコンセプチュアルな「2006夏 〜夏夏!〜あなたを好きになる三原則〜」での雅ちゃん生誕祭・千秋楽を大阪厚生年金会館で迎え感動した「夏 remember you」、感動の初のさいたまスーパーアリーナ単独公演、セトリ一緒でちょっと腰ぬけた「2007春 〜続・桜満開 ゴールデンウィーク編〜」、ユニット曲が充実してきた「2007夏 〜ウェルカム!Berryz宮殿〜」、愛理vs梨沙子のセンター対決でりしゃこの喉の調子が悪くて悔しい思いをした横浜アリーナの「Berryz工房&℃-ute 仲良しバトルコンサートツアー2008春 〜Berryz仮面 vs キューティーレンジャー〜 」、オープニング映像からのハピスタがカッコ良すぎたのと白の紙吹雪が舞った静岡千秋楽「2008秋 〜ベリコレ!〜」、ライブ感が最大限に引き出され東京厚生でのラスト2DAYSがあまりにドラマチックだった「2009春 〜そのすべての愛に〜」、鯛衣装が鮮烈だったりインフルエンザでみんなバタバタ倒れ5人公演があったり、前日に佐紀ちゃんとりさこの2人のハロショイベから12月30日の真冬の仙台で凍えながら迎えた振替千秋楽公演の「2009秋 〜目立ちたいっ!!〜」、まさかのコントからホールコンサートが始まるベリが最もライブから離れた世界観を創りあげた「2010初夏 〜海の家 雄叫びハウス〜」、会場入ってロビーから学園祭感に溢れてた「2010秋冬 〜ベリ高フェス!〜」、7周年記念で一歩大人の世界を見せ始めた「2011春 〜週刊Berryzタイムス〜」…コンサートツアーの思い出は挙げていけば本当にキリが無い。

楽しい思い出がコンサートは沢山ある一方で佐紀ちゃんが好きな人間としては舞台では苦い思い出もあった。「劇団ゲキハロ第3回公演 ・リバース! 〜私の体どこですか?(2007)」や「第5回公演・Berryz工房 VS Berryz工房(2008)」は楽しかったけどその次の「第7回公演 ・サンク ユー ベリー ベリー(2009)」は初の大阪公演があったのは嬉しい知らせだったが、清水佐紀に舞台上に与えられた時間はごく僅かで、あの時の屈辱的な想いは今も忘れられない。でもその悔しさは7人全員が回替わりで主役を務める「レインボー主役」形式の名作「第9回公演 ・三億円少女(2010)」ですべて帳消しにされた。「第11回公演・戦国自衛隊(2011)」の佐紀ちゃんの勇ましい姿に涙を流した。田中れいなとの共演を果たした「10回公演・大正浪漫 ハイカラ探偵王 青いルビー殺人事件」も推しの共演というだけで喜びだった。更にこの時に念願の清水佐紀のファースト写真集の発売。初めての福家書店での握手会、佐紀ちゃんだけの写真集を沢山持つ腕が、つりそうになるのが嬉しかった。

これらがすべて2011年頃までの話。
自分の中でのBerryz工房の存在が変わっていく時の話。

ファンクラブ限定のバスツアーはそれまでグダグダな部分はあったものの、楽しくて大きな不満はなかったんだけども、2011年に開催れた「Berryz工房7周年前夜祭バスツアーinベリ伊豆」は苦行だった (お時間ある方は詳しくはこちらをどうぞ:バスツアーという名のドラマ~Berryz工房7周年前夜祭バスツアーinベリ伊豆参戦記~1日目)。ベリ現場で初めてとてもとても嫌な思いをした時だった。二度とベリのバスツアーに行かないと誓った。2011年で同様に忘れられないのがBerryz工房が初めて挑んだ「リアルエチュード みんなの家 Girl's STAGE」。それまで「言われた事をやるだけで精一杯だった」自分たちの置かれた今の状況を、初めて直接的に本人達の口から聞く事が出来た時だったと思う。特にこの佐紀ちゃんと熊井ちゃんの会のレポは衝撃的だった( 「リアルエチュード みんなの家 Girl's STAGE」 Berryz工房/清水佐紀のリアル - Togetterまとめ )。悔しい想いは一緒だったんだ、という気持ちと同時にこの先、佐紀ちゃんはこんな想いを抱えてBerryz工房に居たままでどうなるんだろうと不安になった。

春夏の単独コンサート、ハロー!プロジェクトのコンサート、CDリリース、定期的に開催されるファンクラブ限定イベント、繰り返されるルーティーン…直接的に何がきっかけというものは無いけど、この2011年の時に自分の中で溜まった不満が爆発した。



これはこの時の自分の100%主観であって、2011年当時のBerryz工房を取り巻く状況を正確にとらえたものとは思ってない。でも、これを自分の中から吐き出す事を我慢できなかった。それから自分はBerryz工房に対して距離を置いた。コンサートツアー参加は欠かさないけど、以前ほど遠征もしなければ参戦数は減る一方。佐紀ちゃんの単独イベントには必ず行くけど、ベリは時々…いったん離れた熱はなかなか戻らなかった。それは自分が現場として優先順位が低い個別握手会が増えていく中でなおさらだった。コンサート・ツアーが年に2回から年に1回になっていきき、その間を埋める数々の握手会等のイベントについては、個人的には少人数グループにおいての事前予約購入制の個別接触会というのは何も得が無いと思っている事もあって、余計現場から足が遠のいた。

それでも、自分が精一杯追ってきたBerryz工房の軌跡と、清水佐紀ちゃんへの想いが完全に消えてなくなるという事は無かった。そんなの簡単に消えるはずもなかった。でも熱心に、いわゆる現役として現場に足を運ぶひとたちの前で胸を張ってそれを言うことははばかられた。現場派だから、想いと行動が直結する事が何よりの喜びなのを知っているからこそ、塞ぎこむしかなかった。自分はすっかりその頃は、9期が加入して再び上昇気流に乗ろうとするモーニング娘。への熱が高まっていた時で、そしてそれを後押しする事務所の姿勢に冷ややかな様子が見えるBerryz工房への後ろめたさも多少あった。

そりゃそうだ。自分たちは12年間やってきてるのにデビューして1、2年の後輩たちがCMタレントとして地上波にバンバン映り、オリコン1位を連発し事務所の全面プッシュを受けているのである。そんなの素直に喜べるわけが無い。だからひなフェス2014での「au『ブックパス』Presents HELLO!PROJECT オリジナルフォトブックプロデュースバトル」でBerryz工房が自分たちの個性を全面に出して優勝し本気で喜んでるのを観て、自分も嬉しかったし一歩距離を置いたところから観ても、あの頃の前後からベリは何か吹っ切れたように自分たちのやりたいように、自分たちが楽しい現場を自分たちで作っていた印象があった。でもそれを観る自分の心は、とても客観的な引きの視点だった。

なんでこんな活動停止当日にわざわざ自分が嫌な思いをした事を書き記しているというと、自分にとってこの時のことってやっぱり忘れられないし、みんなは「辛いことも沢山あったけど振り返れば楽しいことばかり浮かんでくる」っていうんだけど、自分にとって一時でもBerryz工房を嫌いになった時、というのはベリに対する想いとして嘘がつけない部分だし、それも含めて武道館は絶対に観たいという思いも嘘じゃないという事を自分の中で書いておきたかった。

こんなにも大好きになって、こんなにも大嫌いになって、嫌な思いもあったけど、それでもやっぱりこのグループ凄いな!こんなグループ他にねぇよ!!おもしろい!!!とかもう感情をぐちゃぐちゃに約10年間に渡ってかき乱され続けたグループ無いよ。何なんだよBerryz工房。色々あったけどやっぱりかけがえのないグループだなって思わざるを得ないわけですよ。こんな濃い集団いないし金輪際出てこない。




幸いにも佐紀ちゃんは「ハロー!プロジェクト・アドバイザー」として3月4日以降もハロプロに関わり続ける事を表明している。会えるかどうかはわからないけど、彼女がこれからの人生も、Berryz工房の延長線上で生きようとしている事には喜びしか無い。ひとまず、11年間キャプテンお疲れ様でした。これからはキャプテンでは無くなったいち個人としての清水佐紀としての人生を楽しみに応援したいと思います。僕は、あなたがキャプテンだった唯一無二の7人のBerryz工房がやっぱり大好きだったよ。そして、その清水佐紀ちゃんは6人/7人がいたからこそ今もステージに立っている事に疑いようが無いし、そこで観たことないものを沢山体験させてくれた事に今は、感謝の思いしかないんだよ…本当に、ありがとう。今までありがとう。

大好きだったBerryz工房、大嫌いになったBerryz工房、かけがえのないBerryz工房よ、永遠に。

2015年3月3日
by gulliverdj | 2015-03-03 15:44 | ハロプロ
第11回ハロプロ楽曲大賞2012に投票しました #hpma2012
ハロプロ楽曲大賞の方も投票しました!自分の結果とコメントを載せます。

まだ投票していないという人はぜひ!12月6日(木)23:59迄!
毎年恒例の発表イベントは12月30日深夜@新宿ロフトにて!
詳しくはこちらで ↓

第12回ハロプロ楽曲大賞2012


楽曲部門

1位.Be Alive / モーニング娘。 (3.5pts.)
5期が卒業した後の、モーニング娘。にとって「涙ッチ」に代わるような新たな代表曲、コンサートにおいてなくてはならない、新しい象徴の1曲の誕生である。静かにピアノの音から始まり、ゆっくりと立ち上がっていきながら大きなスケールに広がっていくこの曲はまさしく今の、生き生きとした活力溢れ、この先のまだ見ぬ明るい未来を感じさせる、生命力にみなぎるモーニング娘。そのものだと感じます。この曲を今回の全国ツアーで終盤で観て、聴いていると毎回涙を抑えずにはいられない。今のメンバーだからこそ、命が吹き込まれるようなそんな1曲。

そんな1曲を語るに外せない映像も合わせて紹介。

Be Alive / 小田さくら 11期オーディションの課題曲でもあったこのBe Aliveを小田さくらちゃんが歌っている映像。小田ちゃんが加わった新生モーニング娘。は正月のハロ紺でのお披露目だが、それがきっと素晴らしいものになるであろう確信を与えてくれる小田ちゃんのBe Alive。今から正月が楽しみで仕方がない!!!

もう1本、外せないBe AliveのOPV追加しておきますね!!!(【追記】12/10)



2位.夕立ち!スルー・ザ・レインボー / アップアップガールズ(仮) (2.5pts.)
夕立ちとか、夕焼けと女の子とか、切なさ甘酸っぱさとかもうそいういうの大好き!!!他にも未音源化曲でそういう切ないものはあるんだけど、これがダントツで好きです。自分の中での2012年ベストシングルはこの曲が両A面として収録されている「アッパーカット!/夕立ち!スルー・ザ・レインボー」の1枚。鉄板のつかみの1曲、アッパーカット!とセンチメンタルでエモさ溢れる夕立ちのこの組み合わせなに!!!アップアップガールズ(仮)はどの曲もいいけど、たまたまこの映像にある@JAMでの初披露に立ち会えたのが今でも幸運だったと思います。この現場をきっかけにアップアップとか、上々少女’sをちゃんと見始めました。そして、この映像には映ってないあやのんこと佐藤綾乃ちゃんをどんどん好きになっちゃったんだよ!!!全然現場行ってないけどね!!!僕の個人的なTOKYO IDOL FESTIVAL 2012のMVPだし、2012年アイドル界全体にでも台風の目だったことは間違いないかと思います。2012年1月にアップアップガールズ(仮)が今の場所にいるなんて予想した人がどれだけいるだろうか。いい意味で、超スリリングに完全に予想を裏切られた1年。そんな想いも含めて2位!

3位.プリーズ ミニスカ ポストウーマン! / スマイレージ (1.5pts.)
「物語が始まる」ゆうかりんにとって最後のスマイレージの1曲を華やかに飾った、昨年末に投下された強烈な一発。おとぎばなしの中の世界のようなかわいらしく、小気味のいいメロディとアレンジと世界観。跳ねるようなゆるいラップが気持ちい。1年経ってもその鮮やかはまったく色褪せない。この曲の発売の3日後が、7人最後のステージだったというのもこの1曲のドラマチックなところなのは言うまでも無いと思います。ゆうかりんが去った後も、スマイレージは走り続けて、きっと2013年もスマイレージの「物語は続く」。歌詞も含めて本当に、素敵な1曲。

4位.End of the Season / アップアップガールズ(仮) (1.5pts.)
理屈抜きに好き!!!!好きだ!!!!夕立ち!スルー・ザ・レインボーを選曲したのと似たような理由になるのですが、季節の節目とか、過ぎ去る季節とか、終わっていく夏の夕暮れみたいなもうそういうの大好き!!!!!バリバリに加工されて随所に散りばめられているメンバーの声がまったくデジタルな違和感ではなく、割りとアナログに馴染んでいるのが不思議。上々少女’sで夏の全国行脚のドキュメンタリー、最終回でこの曲と共に夏のアップアップの軌跡を振り返る映像とか泣くよね、泣いたよね。まったく参戦してないけどね!!!現場行ってないけど、そう思わせてくれるアップアップの曲の力は凄いと思います。そしてきっとアップアップガールズ(仮)とはこれからも、そんな距離感なんだろうなぁ(遠い目

5位.ワクテカTake a chance / モーニング娘。 (1pt.)
正直これを「楽曲」として捉えていいのかよくわからないです。曲というか、スケール感と圧迫感。メロディとかサビとかそういうんじゃない別格の「強さ」。「風を感じてる ほら 大地の叫び声 自然を信じてる 」とか「地球が回ってる ほら大地からの恵み 自分を信じてる さぁここから始まるのさ」とか、こんな歌詞とひとりの少女の描写を結びつけてしまうボーイ先生の歌詞のクレイジーさ。もう全然意味がわかんない。こんな次元の歪んだ、スケールのデカい曲を歌い、表現することが許されるのはモーニング娘。だけである。

ちなみにこっちも小田ちゃんの貼っておきますね

ワクテカTake a chance / 小田さくらVer.
まったくレッスン受けずに、撮影の様子を観ながら自分ひとりだけの自己練習で、いきなり撮ったのがこれ。ステージに立つ前からこんなに存在感のあるメンバーいただろうか…美貴様以来なんじゃないかっていう。即戦力、とかそんなの当に越えてるレベル。正月ハロが楽しみDEATH!!!


番外編:キマグレ絶望アリガトウ / モーニング娘。
ノミネートされなかったけど、もし音源化されていたら絶対に投票していた曲。そしてもしサントラ盤が発売されていてアルバム部門なんてものがあったら間違いなく選んでいた1枚でした。良曲揃いのミュージカルだった「ステーシーズ〜少女再殺歌劇〜」ではれいにゃの演技の新境地、くどぅの大抜擢、あゆみんの美しき佇まい等、様々な見所がありました。その中でも、アイドルが演じるゾンビの残酷で美しい儚さ、その素晴らしさをもっとも表していたのが鞘師のハイライトパートでもあるこの曲。モーニング娘。のミュージカルは昔から名曲揃いだから、リボンの騎士の時のようなサントラ盤の発売を切に願いますね。特にこのステーシーズは今までと比べてもテーマの異質性から、あのリボンの騎士の衝撃に近いものがありました。2012年、心に突き刺さったミュージカル。

PV部門

1位.Loving you Too much -Party Ver.-/Berryz工房 (2.5pts.)
Berryz工房の魅力がギュッと詰まった、とにかく楽しいMV。1本撮りノーカットで撮影していると思われるので、様々なリハや準備がされているかと思うんですが、それを感じさせない7人の自然体の演技とこの文字通りのPARTY!混ざりたい!!!長年の付き合いながらバラッバラの個性の、絶対にホームパーティーなんてするわけがない7人が、どこか遠い国で集まって騒いでる非現実感。不調和の調和、とはBerryz工房のことである。りしゃこと雅ちゃんの異常な大人っぽさと色気、正反対に色気なしのももち、無防備の熊井ちゃん、はっちゃけた千奈美と、優しい茉麻、そして佐紀ちゃんラップパートのかわゆさ!!!佐紀ちゃん!!!!カッコ可愛い過ぎる!!!Berryz工房は企画モノの映像とかいくらでも出来るわけで、確かにそっちのほうがベリっぽいと言えばいいんだけど、たまにはこういう普通の女の子らしいものも観たいなと感じさせた素晴らしい作品。

2位.超HAPPY SONG / Berryz工房x℃-ute (2.5pts.)
多幸感という言葉を一度だけ、投票コメントで使わせてくれるなら迷わず、この映像を選びます。別々の2つの曲が同時再生されることによって1曲になる。スタートは一緒だった12人のメンバーがハロー!プロジェクト・キッズ合格から10年という長い時を経て再び1つになる。このつんくボーイのやんちゃな企みにはホントびっくりさせられました。その構造がわかりやすく映像になっているし、画面から溢れる楽しげな空気が最高や…最後に全員集合する場面での衣装がぶったまげてダサいので、もっとここがかわいければ1位にしてました。でも、きっとそういう所も含めてベリキューっぽいとも言えると思います!w モーニング娘。周辺の賑やかさの影に隠れてしまった感が若干あるのですが、2012年のハロプロを語るに欠かせない1曲だと思うし、ハロプロ15周年という節目で観ると、現存のハロプロメンバーで最もその歴史を体現しているのは娘。ではなくベリキューですよね。そういう意味でも大事な1曲、感慨深いミュージックビデオ。

3位.なんじゃこりゃ!?/THEポッシボー (1pt.)
ハロプロだけではなく、アイドル界全体を観てもこんなPVやってしまえてるのはポッシだけなんじゃないでしょうか。とことんラディカルだったり、グロかったり、尖ってる映像は沢山今年も生まれましたが、ポッシのこのPV程ユーモアと、足腰しっかりした実力を肌で実感できることが両立しているようなものを他に僕は知らないです。本編の前後や、間奏で様々な映像を加えてドラマ仕立てにするものはあっても、音と映像も両方曲のどまんなか、しかもサビでここまで遊べるって凄いw まだ観ていないという方はぜひ、観てみて下さい。腰が抜けるか、力が抜けるか、呆れるか、色々反応はあるかもしれませんが、きっと最後には笑って観てるはず!w

推しメン部門

清水佐紀
佐紀ちゃん以外に誰がいるっていうの!!!!!佐紀ちゃん好きだよ佐紀ちゃんちゅちゅちゅ☆

んもぉおおおおおおおおおおハロプロ楽曲大賞イベ楽しみだぁああああああああああああああああああああああ!!!12月30日の夜、新宿で皆さんお会いしましょう!

第1回アイドル楽曲大賞2012の投票内容も合わせてどうぞ → 第1回アイドル楽曲大賞2012に投票しました #ima2012
by gulliverdj | 2012-12-05 00:35 | ハロプロ
嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ卒業しないでお願い
なんでこんなに胸が痛いのかがわからない
なんでこんなにも身体がだるくしんどいのかがわからない
なんで脳が情報のインプットを一切合切拒否しているのかがわからない



受け入れられない
1推しはとっくに佐紀ちゃんに変わってる、
一番夢中になっているユニットはBerryz工房だ。
娘。紺だっていっつも歌中はれいなばっかり見てるし
別にえりりんは推しじゃないし、どちらかというと娘。の2推しはジュンジュンだし
この2年でハロプロ以外のアイドルも大好きになってきて自分の中で娘。に対する
プライオリティは右肩下がりだし、でもちょっと待って
6期が抜けるとかやめてやめてやめてやめて

いくら娘。現場に通う回数や気持ちが下がっていたとしても
いくらハロプロ外の現場に夢中になっていっても、
れいなが自分を初めてのアイドル現場に連れていってくれてから
モーニング娘。のことばっかり考えてたあの時期が、
モーニング娘。漬けだったあの時間がかすむなんてことは絶対に無い、ありえない
僕のアイドルの原点はあくまでモーニング娘。だし、
それも黄金期とか知らない自分にとっては
その原点は、始まりは、れいなであり6期なんですよ
自分にとってのモーニング娘。初期メンは6期なんですよ

そこからずっと、他の現場に行くようになっても娘。紺には必ず行くわけで
青封筒が届けば先にスケジュールを確認するのは長い長い娘。紺だし
このブログのデザインも変えようなんて一切思わないし
結局一番長い時間を過ごしてるのは娘。なわけで
それに追いつくことなんて誰も出来やしない
ずっと僕の土台はモーニング娘。6期なんだよ


あぁあああああああなんでそんなこともいざ卒業ってならないとわからないかな
ホントバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ


今までの卒業やオーディション発表時、新メンバー加入時に嘆くヲタを見ては
「娘。というグループは常に人が変化し続けることによって魅力を発してきた」
「娘。そもそも加入卒業脱退が前提のグループであるから…」とか偉そうに思ってた。
でも6期は別だよやめてよ3人をバラバラにしないでよ
特にえりりんがいなくなってしまったら
もう今の娘。は精神的に空中分解してしまうような気がして嫌だ
違う、そんな話じゃない、心の準備が出来てない
っていうか打たれ弱すぎだろ何年娘。ヲタやってんだよ


たまたまだけど週末が仕事でよかった
仕事なかったら7,8日は中野には一切行かずに
TOKYO IDOL FESTIVALに専念する気満々だったから
もしそうしてたら東京にいるのに中野行かなかった事を心底後悔するだろうし
TIFもその後ぜんぜん楽しめてなかった



コンサートのラストのMCで、いつもはぼっけぼけなのに
時たまもの凄くカッコよく名言吐いて締める時
れいなとさゆが好き勝手やってる間でなはぁーんと場を和ます時
後輩にもイジられながらぽけぽけしていても
「あぁ、この人はこんな風にしてるけど本当は全部、全部わかってるんだ」
ってふと鳥肌が立つ時、嫌でも目に入ってくる激しいダンスが見えた時…

えりりんとの時間がなくなるなんてえりりん嫌だよ、
嫌だよ娘。に居続けてよ
ホント勝手だけどいくら自分が他の現場にいっても娘。紺に行けば
女神のように壮大な母性と時にこの世のものとは思えない
その微笑みで僕をそっと包んでよ

ジュンジュン、リンリンが同時に卒業っていうのも
気持ちの整理が付かないけどちょっと今はえりりんの卒業で頭がいっぱい


ガキさんはよっすぃーが卒業するときに、
吉澤さんが卒業したら私の中のモーニング娘。がいなくなっちゃうって言ってたけど
自分にとっては6期が解体されたらもう自分の中のモーニング娘。が
終わっちゃう気がして怖い…れいながいればいいとかそういうんじゃない
6期3人が、決して3人として仲良くはないかもしれない
っていうか仲良くないからこそ程よい緊張感にあるその3人が好きだった
その3人が中心にいる娘。が好きだった

小春が卒業した時点で娘。に対する気持ちが
大分落ち込んだっていうのにもうこれ以上娘。を嫌いにさせないでよ、
やめて。お願いだから卒業とか嘘だって言って。
いつものようにおどけた感じで「てへへ嘘でしたぁーw」ってふざけてみせてよ、
自分が何か言ったところで何も変わらないのはわかってるけど
でも思わずにはいられない、願わずにはいられない
嫌だよ、胸が痛いよ。嘘だって言ってよえりりん卒業しないでお願い
by gulliverdj | 2010-08-10 21:42 | ハロプロ
流星ボーイイベ・当落結果報告!!
当落スレなんかを観ている方はもう言うまでもないかもしれませんが、
一応ご報告です・・・

50枚、22日1日のみにぶっこんだ結果は・・・








全当選!!

本当にありがとうございます!!!!
佐紀cANNEX全落選した時はホントなんかもう
縁が無いのかと思ってしまったけど
佐紀cは俺を見捨ててはいなかったね!!!!
ありがとう佐紀ちゅあああああああああんんんんんんん!!!

昼に当選メールがじゃかじゃか舞い込んで来た時は
喜びというか脱力感というか・・・
何枚買っても得られなかった安心感がようやく
手に入った安堵感みたいな・・・

とにかくもう全力で佐紀cの誕生日を祝います、
ただそれだけ!!!!!
by gulliverdj | 2009-11-20 02:13 | ハロプロ
最初で最後の50枚
今回はもうぶっ込むと最初から決めてました。
コンサを入れてこなかった事務所には最初殺意が沸きましたが
佐紀c誕生日当日イベということで、しかも次の誕生日当日が
週末・祝日なのが2014年ということで、佐紀ヲタとして
一体ここで必死にならんでどーーーする!!!
23日は仕事なので22日1日勝負。全ての力をここにつぎ込む!!
といことで予約分から買い足して買い足して、初めて携帯2台使いも
駆使して最後の1日にラスト50枚目の1枚を買ったところでもう試合終了。

途中、金銭的にというより精神的に追いやられてくる。
何でおれ同じCD何枚も買ってるんだろう・・・
機械的に申し込みをしながら、一体何やってんだおれ・・・

しかし誕生日当日に同じ空間を共有できて
しかも直接おめでとうを言えるというその事実のみを
心の支えにCDにカッターで1筋の切れ目を入れては
応募券を抜き取りポチポチと応募する作業・・・

でも50枚がもう限界
1括50枚予約システムのももクロヲタさんや
大握手会システムのAKBヲタにいわしたら
屁みたいな数字なんだろうけど、
もうこれ次60枚行っちゃうとバスツアーと変わらないですからねwww
あまりにナンセンスwwwwwこんなシステム
ヲタが疲弊するばかりで僕はもう付いていけません
負の戦いの螺旋から僕はもう降ります

アイドルヲタが狂喜乱舞する大量枚買い狂想曲を
僕は客席から眺めることにします

あとは明日の昼、どうか、どうか笑っていられますように
ただそれだけ。結果は、佐紀cのみぞ知る


e0031418_1292090.jpg

by gulliverdj | 2009-11-18 01:47 | ハロプロ
仙台遠征あぼーん
ももちがね、休むと発表されてそれが、
あくまで公演を実施する前提に「欠席」として発表されて
思ったことは2つ、

①木曜・金曜に必ず追加でインフル発症→コンサ延期→ハロショイベのみ慣行
  春の名古屋のケースがあるし、座間まで濃厚接触しっぱなしだった
  メンバーに移っていないわけがない。この場合でもあくまで遠征メインの
  目的は佐紀cイベなので仙台はとりあえず行く!!!wktk!!

②ももちのみ欠席で公演実施
  ベリビュー+魚屋の代役で佐紀cマジで来る!!!!!!!
  という壮絶な期待感。ちなソロはあるし、まあさも告噴、かっちょええで
  かなり目立っている。本当に佐紀cだけなんだ、残るは佐紀cの目立ちたい!
  だけなのだ!!!空気読んだスタッフが代役を佐紀cにしない理由がない!!!
  佐紀cのベリビューとかもう考えただけで気が狂いそうだ!!!これは神紺になるお!!!
  でも春の東京厚生で雅ちゃん欠席で佐紀ソロ来たときさすがに何も考えず興奮しすぎて
  やっぱり自重すべきだよなぁと思ってたんだがとにかく色んな妄想膨らんでwktk!!

薄情者ですいません・・・

そしてそんな薄情な奴には当然こういう結果が待っています

「Berryz工房コンサートツアー2009秋 ~目立ちたいっ!!~」 10月17日(土) Zepp Sendai 公演延期のお知らせ

『Berryz工房 清水佐紀による清水佐紀のための○○ 清水佐紀・菅谷梨沙子(アシスタント)』10/18(日)ハロー!プロジェクトオフィシャルショップダイエー仙台臨時店来店イベント延期のお知らせ

まさかここまでの事態になるとは・・・
残る二人は発表のきっかけがないだけで
恐らく感染しているだろう実際・・・

行きますよ!12月30日!!
どっちにしろその時期は18きっぷでそのあたりを
彷徨っている予定だったので丁度いいのだ!!
前代未聞の椅子ゼッパー千秋楽、格安チケが
いきなり神チケに大変身!!!

問題はイベントのほうだ!!!
払い戻しも可能性アリだと??
そんなの絶対認めないよ!!!
いつだろうがどこだろうがこの佐紀cイベントは絶対に行きます!
発表待ってるよ事務所さん。中止とかホント許さないお!!!!

はぁ・・・この秋一番の超濃密大型遠征が終わってしまった・・・
今日はホント廃人のように1日仕事してました・・・


・・・がしかし!!落ち込む時間は昨日で終わった。
俺は糞DDである!!!これで週末
大人しくしてると思ったら大間違い!!!
詳しくはまた明日!!!

みんな本当にお疲れ様、
これをきっかけにゆっくり休んでね
またバスツアーで会えるのを楽しみにしてマス
お疲れさまーさ、おやすみやび♪
by gulliverdj | 2009-10-17 01:30 | ハロプロ
仙台ハロショイベ当落結果!!!
昼の休憩時間にパソコンカチカチ
何度もリロードしてると出てきたあああああああああ!!

なぜママ&ベビーイベ表記になってるかは
いつものご愛敬といったところで
とにかく数字を探す探す・・・
心斎橋ナンバーすくねぇwww
おっ、おっ!おっっ!!





1回目 : 1/2
2回目 : 1/2
3回目 : 1/2


きたああああああっしゃぁああああああああ!!
なんという手堅い安心感!!
色々情報頂いたみなさんサンクユーベリーベリー!!
土曜チケも確保済みだし
俄然仙台遠征が楽しみになって参りました!!!
秋の目玉遠征は娘。/徳島、ベリ/仙台で決まりだ!!

帰る方法は・・・考えてない!!
もう知らん!!
ゆくぞ座間、そして仙台ぃぃいいいいいいいいい

参戦する全ての佐紀ヲタよ!
共に歴史の目撃者になろう!!
高まるよおおおおおおおおおおおお!!!
by gulliverdj | 2009-10-09 19:05 | ハロプロ
清水佐紀による清水佐紀のための○○

皆様のおかげで、2009年春~夏にかけて行いました
Berryz工房ピックアップ企画『Berryz工房祭』は大盛況うち幕を閉じました!!
そしてなんと!“Berryz工房×ハロー!プロジェクトオフィシャルショップ”での
新たなる企画が決定いたしました!!
その名も『Berryz工房 清水佐紀による清水佐紀のための○○』!!!、
「Berryz工房祭~夏・総集編~」“ハロ!プロ縁日at池上養源寺”
Berryz工房イベント内で行われました「万歩計ダンス決戦!?」の覇者、
清水佐紀によるスペシャルプロジェクトが始動☆絶対必見ですヨ♪

ハロー!プロジェクトオフィシャルショップダイエー仙台臨時店開催記念!!『Berryz工房 清水佐紀による清水佐紀のための○○ 清水佐紀・菅谷梨沙子(アシスタント)』(仮題)、Berryz工房清水佐紀・菅谷梨沙子来店イベント開催!!


おい、なんだこれ!!!!!
聞いてないっての!!仙台とか完全スルーの予定だったっての!!!

待ってろ仙台待っててね佐紀ちゅぁああああああああああんんんんん!!!!

e0031418_174236.jpg

by gulliverdj | 2009-10-04 01:11 | ハロプロ
なんちゃって恋愛/Close-up Ver.BLACK のPVが素晴らしすぎる件 その②
e0031418_0421340.jpg
e0031418_0424035.jpg
e0031418_0423383.jpg
e0031418_0424757.jpg
e0031418_0425433.jpg
e0031418_043725.jpg
e0031418_043130.jpg

しつこいようだがまたこのPVについてエントリ、
どのカットも今まで観たことない娘。の画で新鮮!
何回観ても今のところ飽きませんよ!!

特にれいにゃ・・・オーラがぱねぇ
e0031418_0542447.jpg
e0031418_0543328.jpg
e0031418_055367.jpg
e0031418_054512.jpg
e0031418_0551329.jpg
e0031418_056303.jpg
e0031418_0552415.jpg
e0031418_0544352.jpg
e0031418_0553525.jpg
e0031418_0561849.jpg

上のリンリンみたいに前へ前へというガッツキ度はありません、
なのにこの女王様のように落ち着きはらってでんと構えた余裕のポーズ、
カット数だって愛ちゃんの方が断然多いのに後に残るのは
密度の濃いれいにゃのカットばかり・・・

ピントあってなくてもあふれ出る存在感!
e0031418_0485650.jpg
e0031418_04995.jpg

れいにゃ、とんでもないことになってます
末恐ろしいわ・・・どこまで成長するんだ!!



まだチェックしてない人はこちらを観てくれ!

【PV】なんちゃって恋愛 Close Up Ver. BLACK/モーニング娘。

もう寝る!!おやさゆみ(ry
by gulliverdj | 2009-08-17 01:00 | ハロプロ
なんちゃって恋愛/Close-up Ver.BLACK のPVが素晴らしすぎる件
e0031418_015276.jpg
e0031418_015104.jpg
e0031418_0151534.jpg
e0031418_015554.jpg
e0031418_0152350.jpg
e0031418_0152912.jpg
e0031418_0153613.jpg
e0031418_016111.jpg
e0031418_0172564.jpg

ヤバイwwwwこの9人最強wwwww

前のエントリでも軽く触れたんだけど、
あまりに出来が良いので改めて取り上げる!!
「BLACK」と名付けるだけあって、全体的に暗い!
実に暗い!観てて明るい気分になんかちーーっとも
なりやしない!影だらけ。少ない少ない予算の中、
粗末な背景を誤魔化したいだけちゃうんかいと
ちょっと突っ込みたくなるが、そんな黒い影から
浮かび上がる彼女たちの輪郭、表情、目力。
シンプルな構成だからこそ引き立つ等身大の
彼女たちの表現力、この画力、圧巻である。

先日のMステでもOGメンに対して圧倒的な力の差を
見せつけた現行メンバー、この9人の結束力は秋ツアーを
もって益々強くなっていくのだろう、楽しみである。

というわけでまだ観てない人はこの動画をチェックだ!
そして気に入ったらこの40枚目のシングル初回限定版Bを買うんだ!
ここ重要ね、「B」だよ「B」、初回限定版AはDanceShotVer.
だからね、間違いちゃだめ!いや、両方買える人は
もちろん両方買うんだ!DanceShotもいつもより
カメラアングル多めでなかなかカッコイイぞ!


【PV】なんちゃって恋愛 Close Up Ver. BLACK/モーニング娘。


その他宣伝:先日の近況報告エントリに写真を追加したので
暇な方は覗いていって下されwwwwiPhoneで作った夏フェスの
パノラマ写真なんかもありますのでどうぞwww → ガリバー日常記 : 書くことが無い

by gulliverdj | 2009-08-16 00:43 | ハロプロ

ガリバー(@gulliverdj)×アイドル





Profile

ガリバー gulliverdj

大阪の現場大好き社会人ヲタ

推しメン:安福美麗/清水佐紀/鞘師里保/西野七瀬/大場美奈/佐藤綾乃/田﨑あさひ/田中れいな/根間菜月/原直子/坂井朝香/庄司芽生/高田里穂/橋本絵莉子/宮澤佐江/石田安奈/前島亜美/田中梨奈/宮繁恵梨/田辺奈菜美/橘ゆりか/萩原舞/玉井詩織/稼農楓/小野亜由実/大塚光/小川紗季/清本晏名/阿部愛友美

アンチメン:なし
ヲタ歴:8年
狼歴:7年
所在地:大阪
年齢:29
現場用装備:自作ヲタT
Mail/Contact


TwitterでガリバーをFollow!

ガリバーのInstagramを観る!

gulliverdj`s tumblrをチェック!

記事ランキング
タグ
カテゴリ
検索
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル