<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
アイドルフェス元年!2013年「今、会える」全国アイドル夏フェスまとめ
ももクロちゃんがOZZFEST JAPANに出演した事が記憶に新しい2013年の音楽フェス模様。ももクロだけでなく今年も沢山のアイドルが全国各地のロックフェスに出演する事が決定している。それだけでなく、今年はアイドル専門の大型フェスも例年以上に数多く開催される。この乱立っぷりは2013年が「アイドルフェス元年」と言っても過言じゃないくらい。

今後もこの傾向が続いていって欲しいという願いも込めて、ここでは2013年が「全国アイドルフェス元年」であると、あえてそう言いたい。そんな2013年、まだまだこれから会いにいける、今後開催されるアイドルフェスを時系列にまとめてみました。なんといっても今年の特徴は関東圏以外でも多くのフェスが催される事!近くの場所で開催される際には、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。※ライブハウス内のみで行われるフェス、合同ライブ等は除きます。

【6月】

6月9日・SAPPORO GIRLS LINK SPECIAL 2013
<北海道>札幌芸術の森野外ステージ [公式サイト]
e0031418_395263.jpg
*メインステージ・札幌芸術の森野外ステージ via.公式Twitter
北海道で初の大型野外アイドルフェスが開催!北海道のアイドルのみならず、東北、関東地方はもちろんのこと、福岡のアイドルまで、全国から約40組のアイドルが札幌に大集合するという事実が2013年的過ぎる。ロックフェスでは特に珍しい事では無いかもしれないが、小規模の事務所で運営している全国各地のアイドルも北海道まで足を伸ばせるようになったLCCの効果もあるのか、従来では考えられない規模のフェスが北海道で実施されます。メインステージとなる野外音楽堂のロケーションは写真を見ているだけで開放感があり、一体どうなるのか楽しみ。前日には市内のライブハウスで前夜祭も行われる。


6月23日・@JAM 2013
<東京都>Zepp DiverCity、ダイバーシティ東京プラザ・フェスティバル広場 [公式サイト]
e0031418_313339.jpg
*写真はTOKYO IDOL FESTIVAL 2013 しず風&絆の様子 via まだまだ終わらない!『TOKYO IDOL FESTIVAL 2012』を一人で駆け回ってきた!<8月5日編>(12/12) - ウレぴあ総研
東京での合同ライブでは今や恒例となった@JAM関連イベント。今回はZepp DiverCityにて夏の回が開催される。メインステージとなるZepp DiverCityの出演者も豪華だが、場外のガンダム前広場で行われる野外の「Next Stage Live」が並行開催されるのが魅力的。TOKYO IDOL FESTIVALのメイン会場がZepp Tokyoとなった今年、夏のダイバーシティエリアの一体感が味わえるのはこのフェスだけになるかもしれない。前日の22日は声優系のアーティストのみに絞った@JAM 2013 アニソンDAYが同会場で開催さる。*アニソンDAYのチケットは既に完売、フェスティバル広場の野外ステージは観覧可能

【7月】

7月7日・アイドル横丁夏祭り!!~2013~
<東京都>新木場STUDIO COAST [公式サイト]
e0031418_3143624.jpg
*第1回アイドル横丁夏祭り!!二番地ステージの様子 via. 新木場にアイドル集合!アイドル横丁夏祭りレポ!<後編>(1/7) - ウレぴあ総研
昨年の第1回に引き続き、2回目の開催となる「アイドル横丁夏祭り!!」。第1回となった2012年はタイムテーブルが発表された際、あまりに細かい分刻みの予定に混乱が生じる事が心配されたが、狭い敷地内にすべてのステージが詰め込まれているためエリア間移動が短時間で済み、意外とストレスフリーのフェスとなったのが印象的だった。今年も野外ステージの横丁一番地、灼熱のテントステージ横丁二番地、STUDIO COASTメインステージとなる横丁三番地、の主に三つのステージが同時に進行される予定。カメラOKの撮影会用「つりぼり横丁」エリアがあるのもこのイベントならでは。アイドル横丁関連イベントでは恒例となる限定コラボユニット、そしてSHIBUYA-AX開催のアイドル横丁祭で話題となった「ガチカラオケ大会」が今回は新木場でも実施されるらしい。昨年は結果的にTOKYO IDOL FESTIVAL前哨戦のような位置付けになったこのフェス、今年は一体どんなカオスが繰り広げれらるのか楽しみである。


7月14〜15日・第1回北陸アイドルフェスティバル
<石川県>金沢駅前もてなしドーム地下イベント広場[公式サイト]
e0031418_316015.jpg
*写真はメイン会場の地上部分となる金沢駅前もてなしドーム via.公式サイト
「参加アイドル40組によるライブ、ご当地グルメ等による飲食ブース、物産ブース等。」と説明文があるが、発表されている参加アイドルはまだ2組(2013/6/5時点)。開催発表は早かったものの未だ多くの謎に包まれたイメージの強いアイドルフェス。とはいえ、実施委員会自ら「ご当地アイドル不毛の地、北陸」と書くこの北陸エリアで40組のアイドルが参加予定であるフェスが開催されることには期待せずにいられない…徐々に熱を帯びつつある北陸エリア、公式からの続報が楽しみ!


7月21日・京都アイドルシティフェスタ2013
<京都府>KBS京都ホール [公式サイト]
e0031418_3184099.jpg
*巨大ステンドグラスが美しい会場、KBS京都ホール via.KBSカルチャー KBSホール
ついに関西に大型アイドル夏フェスが開催!第1・2弾発表では東京から福岡まで幅広いエリアからアイドルが集まることが発表されており、最終的には全国各地から30組のアイドルが集合予定。ありそうでなかった、関西エリアでのホール規模の大型アイドルフェスの開催地はまさかの京都。「かつては『音楽の街・京都』と言われていたほど音楽の盛んであった京都を再び活性化する」べくアイドルが立ち上がるというこのスローガン!関西人としては、嬉しい気持ち抑えられないこの京都アイドルシティフェスタ。出演組数のわりに今のところステージが1つしかありそうにないのが気がかりだが、こちらも続報を楽しみに待ちたいところ。チケット価格が比較的低く抑えられているのも良心的。前日には京都市内のイベントスペースにてプレイベントも行われる。


7月27日・宮城アイドルフェス(仮)
<宮城県>不明

突如発表された詳細不明の謎の夏フェス。公式Twitterアカウントも、公式サイトさえ存在しない。現状1組のアイドルグループのページにのみ予定が掲載されており、震災復興のメッセージが込められるものとなる模様。東北エリアのフェス形式ライブといえばライブハウスでの開催中心の「Girls-natioN」がお馴染みだが、こちらのフェスはメイン会場がどこになるのか、野外ステージなのか複数ステージに渡るフェスになるのかが気になるところ。唯一、気がかりなのはTOKYO IDOL FESTIVAL 2013・1日目と日程が被っている事くらい。TIFのサイトでは既に多くの東北勢の地方アイドルの出演が発表されているが、まだそれぞれのアイドルの出演日程が発表になってない。東北勢はまだ、宮城アイドルフェス(仮)との予定で調整中なのかもしれない…こちらも続報が楽しみなフェス。


7月27~28日・TOKYO IDOL FESTIVAL 2013
<東京都>お台場地区、Zepp Tokyo [公式サイト]
e0031418_3204413.jpg
*TOKYO IDOL FESTIVAL 2012、HOT STAGEでのグランドフィナーレの様子 via.公式サイト
日本最大のアイドルフェスであり、複数ステージ回遊式アイドルフェスの先駆け。昨年は10個のステージが展開され、過去最高の111組のアイドルが出演し、2日間で2万1500人を動員。今年4回目の開催を迎える。公式サイトでは「世界最大のアイドルフェスティバル」とまで言い出している。事実、おそらく世界広しといえど女性アイドルがこの規模のフェスを開催している例は他に無いだろう。3回の開催を通じてもなお、運営面で多くの課題を指摘されるものの、出演組数、ステージ数、上演時間、動員規模共に何をとっても桁違いの、他の追随を許さないアイドルフェス。有料チケットを購入しなくても、無料ステージ・無料エリアが用意されており、このエリア周辺では正規出場組ではないアイドルがゲリラライブを行なっていたりと、手ぶらで足を運ぶだけでも、会場の祝祭感溢れる空気を味わえる。ロックフェスにアイドルが出演することはよく話題になるが、逆にアーティストがアイドルフェスに出演するという話題作りが実現するのもこの規模ならでは(※2013年、後藤まり子の出演が決定している)。なんといっても特徴はメジャー、インディーズ、地方関係なくすべてのアイドルが混在し共存する巨大な場の力。発表会見では「最大のフェスから最高のフェスへ。更なる進化」というスローガンが発表された。個人的には、湾岸スタジオの屋上に設置される、背景にはフジテレビと空しかない、朝から夜まで表情が一刻一刻と変わるSKY STAGEがオススメDEATH!

【8月】

8月3日・iPPO fes.2013 九州アイドルグランプリ
<佐賀県>虹の松原ホテル内プライベートビーチ [公式サイト]
e0031418_3222249.jpg
*虹の松原を上空から眺める。このビーチ沿いにステージが設置されると思われる。 via.旅のオアシス
「一歩前に進む若者を応援したい」「『若者には元気がない』と老者(オトナ)が決めてしまうのではなく、『若者は元気だ』ということを信じてあげる必要があるのではないか?そしてそこから一歩前に進むための『勇気』を感じるイベントにしたい。」他のフェスと少し違ったメッセージが載せられた公式サイト。こちらは九州プロレスが共催に入っているようであり、メインステージではアイドルライブ以外にもプロレスや子どもプロレス教室が開催される。なので、アイドル専門フェスではないけれど、ビーチで九州ご当地アイドルNo.1を決めるライブが繰り広げられるというフェス感が楽しそうなので勝手に掲載。タイトルの通り、他のフェスと違いこちらは対戦形式となっている。優勝グループには福岡・糸島で例年開かれているロックフェス「サンセットライブ2013」への出場資格が与えられるのが特徴。どのような形で優勝グループが決まるのかは不明だが、優勝賞品がアイドルフェスではなく、地元の歴史あるロックフェスへの出場権というのがおもしろい。


8月10日・IDOL NATION 2013
<東京都>国立代々木競技場第一体育館、会場外特設ステージ等 [公式サイト]
e0031418_3244221.jpg
*IDOL NATION 2012 代々木第一体育館前の様子 via.Photo by gulliverdj • Instagram
エイベックスが渋谷エリア一帯をジャックする「a-nation island」期間中の1日として開催されるアイドルフェス。メイン会場は国立代々木競技場第一体育館だが、昨年は会場前の特設ステージで朝から様々なアイドルがライブを行ったり、番組公開収録を実施したり、隣のSHIBUYA-AXで行われていたダンスコンテストにもゲストでアイドルが出演するなど、ワンステージに留まらないフェス感溢れる空間が展開された。メインステージも楽しみだが、現在発表されている音楽ガッタスのサッカー教室に加えて、周辺で行われるイベントの詳細発表も楽しみである。


8月24日・DINO SONIC KATSUYAMA SUMMER FES 2013 -GIRLS FESTIVAL-
<福井県>勝山市 勝山市民会館 [公式サイト]
e0031418_0182673.jpg
*勝山市民会館の様子 via.YAMATO REPORT

アジア最大の恐竜化石発掘地帯であり、有数の恐竜専門の博物館・福井県立恐竜博物館を擁する福井県で行われる異色のガールズフェス。アイドル専門のフェスではないが「GIRLS FESTIVAL」と銘打っており、アイドル中心ではあるがガールズバンド、ダンスロイド等も呼ばれているのが他のフェストはひと味ちがう。ホール会場での開催となるが、場内が移動自由の固定席・オールスタンディングエリアと別れており、各々が自由に快適に過ごせるよう配慮が成されているのが嬉しい。恐竜のように絶滅してほしくない、あるいは恐竜の化石のように長い時間をかけてその価値が見出されるアイドル文化の熟成の意味を込められていのかどうかは知らないが、こちらも第1回北陸アイドルフェスティバルと合わせて、北陸エリアを盛り上げるべく重要な役割を担うことになりそうだ。

【9月】

9月15日・SUNSHINE IDOLIZED FES` 2013
<東京都>東京晴海客船ターミナル特設ステージ [公式サイト]
e0031418_3255267.jpg
*同会場で行われているMURO FESTIVAL、2012年の様子(※あくまでイメージです) via.Murofes. | Facebook
第1弾発表の出演アイドルがいずれもTOKYO IDOL FESTIVALへの出演表明をしていない(※2013/6/5時点)アナーキーな香りが漂いすぎてる新たな野外フェス。会場が、TOKYO IDOL FESTIVALの舞台であるお台場と対峙する場所なのが意図的なのかは知る由もない。9月開催と、まだ先のフェスなのでイベント内容の詳細や出演アイドルの発表等の動きはしばらく無さそうだが、夏の終わりを飾ってくれるような素敵なフェスになりそうなので続報を楽しみに待ちたい。ちなみにこの会場、出場表明はされてないですが、Dorothy Little Happy / Life goes onのMVの舞台となっている。




以上、ひとまず知ってる限りのアイドル専門の夏フェスを集めてみました。東京での大型フェスが継続・定着しつつある中でなんといっても今年の特徴は地方でも、大型のフェスが開催され始めていること。すっかりロックシーンでは定着し「夏フェスバブル」等と揶揄され様々な問題もあったりする夏フェス事情だが、女性アイドルはまだまだこれからというところ。これがただのアイドルブームのひとつとして終わってしまわない事を願う。

学校の夏休み期間中に、全国各地の様々な大舞台にアイドルが集まり、アイドル自身も、アイドルを運営する大人も、そして当然、アイドル好きである我々もお互いに刺激を受けて、夏が終わればそれぞれの地元に戻っていく。夏フェスで地元グループの魅力を再発見し日常の現場に通うようになったり、地元現場を観るため遠く離れた地方に遠征をしたり…TOKYO IDOL FESTIVALだけではなく、日本の様々な場所で同時多発的そんな光景が繰り広げられる事が起こりそうな予感がする。

上に並べたこれら大型イベントをみると、ロックフェス周辺の事情と近い形が、女性アイドルでも定着していくのではないか。そんな未来が、そう遠くはないのではないか。そんな期待感で胸膨らむ。2013年が「アイドルフェス元年」となるのかどうか、一過性のアイドルブームですぐに弾けるアイドルフェスバブルとなるのか、ぜひ自分の眼で確かめてみてはいかかでしょうか。
by gulliverdj | 2013-06-05 12:16 | 現場

ガリバー(@gulliverdj)×アイドル





Profile

ガリバー gulliverdj

大阪の現場大好き社会人ヲタ

推しメン:安福美麗/清水佐紀/鞘師里保/西野七瀬/大場美奈/佐藤綾乃/田﨑あさひ/田中れいな/根間菜月/原直子/坂井朝香/庄司芽生/高田里穂/橋本絵莉子/宮澤佐江/石田安奈/前島亜美/田中梨奈/宮繁恵梨/田辺奈菜美/橘ゆりか/萩原舞/玉井詩織/稼農楓/小野亜由実/大塚光/小川紗季/清本晏名/阿部愛友美

アンチメン:なし
ヲタ歴:8年
狼歴:7年
所在地:大阪
年齢:29
現場用装備:自作ヲタT
Mail/Contact


TwitterでガリバーをFollow!

ガリバーのInstagramを観る!

gulliverdj`s tumblrをチェック!

記事ランキング
タグ
カテゴリ
検索
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル