32歳が「中学・高校生アイドルのバスツアー」に参加したらやっぱり悲惨だった
先日ある記事にアイドルのバスツアー体験が書いてあったので、先日とあるバスツアーに参加したという方に話を聞いてみたが、やっぱり悲惨だったようだ。今回はその取材の内容をお伝えする。


e0031418_20533899.jpg

ブームに乗って、さまざまな形で企画されているアイドルバスツアー。大好きなアイドルと一緒にバスに乗り、同じ空間をともにできるとあって、コアなファンたちからは人気を集めている。まだデビューして1年も経たないアイドルともなれば、参加するファンの数も少なく、普段のライブでは見られない姿を拝めるとあって、一部ファンからは垂涎モノのイベントというわけだ。

 そんなアイドルバスツアーに参加したという我梨馬さん(仮名・32歳)は「地獄でした」と話す。そこで、我梨馬さんが参加した東京を本拠地に活動する某アイドルのバスツアーの詳細を聞いた。

「朝8時半に東京駅に集合し、ファン50人とアイドル6人、そして事務所関係者の方々でバスに乗り込み、群馬県で行われるライブや撮影会イベントに一緒に行くという企画でした。アイドルと身近で話せると思って参加したんですが……本当に大変でしたね」

 行き先は群馬県の某温泉地。片道3時間のアイドルバスツアーでまず行われたのは、アイドルのファッションチェック。続いて、カラオケ大会だったという。

「最初はアイドルの歌が身近で聞けるので、楽しかったのですが、想像してみてください。狭い車中で、自分の頭越しにアイドルと後ろに座るオッサンがワッショイワッショイ(曲に合わせて\あーワッショイワッショイ/とコールを入れるもの、主にJITTERIN'JIN『夏祭り』のカバーで使われる)する様を。いつもはとても大人しい現場なので本当に異様な光景で、どれだけみんな普段このグループの世界観を大切にしているのかと。続いて始まったのが、盛り上がってきたオッサンとアイドルたちのカラオケタイム。オッサンがアイドルの要望に応えてマイクを握り、オッサンが歌う…アイドルの目の前でカラオケを歌う…もう出発してすぐに力を使い果たした気持ちになりました」

 カラオケ大会も終わり、ホッとしたのも束の間。今度はアイドルたちと一緒に行うチーム対抗運動会。本来、好きなアイドルが近くに来て一緒にスポーツを楽しめるのだから、嬉しいはずだ。だが、相手は中学・高校生。穏やかに進むかと思いきや超真剣勝負。勝ちたい気持ちが強くなり、真剣になり過ぎるあまりアイドルとの激しいぶつかり合いも。時にはアイドルが出場せずファンだけで競り合う場面まで。あまりに必死になり、身体はもう朝からボロボロの悲惨な状態。楽しい時間を過ごすどころか、ただ一生懸命部活顔負けの情熱で、たくさんの汗をかく事になったという。そんな中で一緒に話す場面はたくさんあったという。

「中学・高校生との会話って短い時も楽しいんですが、長くなっても本当に楽しいことがわかりました。こちらから中学生に聞くことなんてなくても、向こうが話してくる内容は『明日のテストどうしよう』とか『今度、学校でテストがあるんだあ』とか。32歳の僕が何を話せばっていうんですか。そんな話を振られて、勉強を教えられる学力も勉強の記憶も僕にはない!ずっと頷くだけでしたね。でも、一番辛かったのは、ガチ恋派が突然、アイドルに求婚し始めたことです」

 途中、バスを降りて撮影会のためにお城の周りを駆けまわっていたときのことだ。心身ともに疲れきった我梨馬さんは、重い腰を上げながらなんとかカメラ片手に撮影の猛者たちと奮闘してシャッターを切っていた。すると、アイドルとファンの大きな声での会話が聞こえてきたという。

「前の方で高校生のアイドルに『◯◯ちゃん結婚しよう!』って20代後半ぐらいの100%草食系のガチ恋派男性が求婚しているんですよ。それを巧みに高校生アイドルがかわしているんです。『おい、いい加減にしろ!』ってたまにヘッドロックをして制止して遊んでいましたが、楽しかったですね、とても愉快な若者で。20代後半が高校生アイドルに撮影しながらマジ求婚するという現場を初めて目撃しました」

 3時間かけて到着した群馬県の某公園に設営されたイベント会場。そこで、ラジカセを使ったライブが開催されたわけだが、到着までに精根尽き果てた我梨馬さんも、ライブは楽しむことしかできなかったという。

「ライブ会場といっても、お城の前の野外の広場を借りて行うものでした。ファンは東京から来た50人のみ。あとは、旅行や結婚式用の写真を撮りに来ている地元のカップルばかりだが、閉園間際になってほぼ貸し切り状態。そんな中で、ライブを見て写真撮ったり手拍子したり…最高の雰囲気でしたね…帰りのバスの中は、ファン全員爆睡するどころか、寝かせてくれない勢いでメンバーが盛り上げてくれていましたね」

 一体なにが地獄だったのかよくわからないが、どうやら悲惨だったのはボロボロになった体力と筋肉痛に苦しむ身体だけだったようだ。このアイドルバスツアーで「自分は本気でアイドルを好きすぎるのかもしれない」という想いにかられたという我梨馬さん。まだ言いたいことがありそうな我梨馬さん「俺◯◯ちゃんの事が好きすぎてどうしていいかわからな…ブツブツ」。。。どうやら気軽な気持ちでアイドルバスツアーに参加すると、ますますアイドルを好きになっていってしまうということか。

※参考:38歳が「中学生アイドルのバスツアー」に参加したら悲惨だった | 日刊S PA!
# by gulliverdj | 2015-06-01 20:31 | 現場
門前亜里卒業に寄せて : ハコイリ♡ムスメというアイドルについて
門前亜里が7月の定期公演をもってハコイリ♡ムスメを卒業する事を発表した。

その発表は驚きと、落胆と、そしてある種の冷静さを持って受け止められた。それは遅かれ早かれ、いつか来る日だった。というのも、このハコイリ♡ムスメというアイドルグループは本来は期間限定のユニットのはずだった。2015年の今日という日に存在していない可能性が限りなく高いグループだった。

AKIBAカルチャーズ劇場で昨年2014年の夏に約6週間に渡って開催された「デビュー直前アイドル5組新人公演~真夏のシンデレラたち~」。そこにボックス・コーポレーションが参加するにあたり、アイドル体験修行を行うため女優志望の若手タレントの中から選ばれた7人がハコイリ♡ムスメである。アイドルグループとなることを課せられた、期間限定の7人組。
e0031418_212455100.jpg
昨年夏の時点で既に映画やドラマ出演経験のあったメンバーもいた彼女たちの本業は、あくまで女優だ。オリジナル曲を持たず、80年・90年代のアイドルの名曲達を武器に彼女たちは他の先行して活動経験のある4組(2組はメジャーデビューが決定済み)のアイドルたちとの戦いに挑んだ。開催される前のインタビューで門前さんから発せられる「アイドルをやらせて頂く」という言葉が印象深い。



新人公演での6回の公演。女優としての道を駆け上がる上での、ひと夏の経験のはずだった。しかし千秋楽に向けて、公演の動員数と物販の売上の合算値によって争われるランキング争いで、彼女たちは首位攻防のデッドヒートを繰り広げる。序盤のビハインドを跳ね除け、優勝があと目前の19ポイント差でアイドルネッサンスに敗れた。
e0031418_235782.jpg
優勝したグループに与えられる、夏以降のAKIBAカルチャーズ劇場での定期公演を開催する権利が無い以上、その時点で7人がアイドルグループとしてステージに立ち続ける場所は失くなったかに思われた。しかし、その僅差ゆえの例外措置として、月に1回の定期公演の開催権利を与えられた彼女たちは、新人公演を通じて芽生えた確かなアイドルとしての意思で、秋以降の活動へ前進していった。対バンイベントにも数多く出ていくようになり、ライブアイドルグループとして経験を重ねていった。

この辺りの流れはこちらの動画にシンプルにまとまっています。


ハコイリ♡ムスメのレパートリーはチェキッ娘、おニャン子クラブ、Qlair、CoCo、ribbon等の80年代、90年代のアイドル楽曲やアイドリング!!!のカバー曲によって構成れる。活動開始してまだ1年経たない中で、レパートリー28曲のうち、オリジナル曲は4月の定期公演で発表された「微笑みと春のワンピース」のみ。そんな彼女たちの魅力はなにか。

ハコイリ♡ムスメを唯一無二のアイドルたらしめるものは、先にも書いた彼女たちの若手の女優志望メンバーというバックグラウンドだ。ボイトレを始めたのもまだ最近の彼女たちの最大の魅力は、そのビジュアル面での表現力にある。特に表情においての表現力から引き出される、場の空気を一瞬にして明るくも、寂しくもするステージはハコムスの大きな特色だ。思わず魅入ってしまうその表情、指先まで行き届いた仕草、香り立つ気品…どれもこれも、毎回うっとりさせられる。

静かに強い表現力を備えた彼女たちが、現在はボイストレーニングも行い、ダンスレッスンも継続する事によって成長していく様子は初期の曲を久しぶりに披露する際に新鮮なショックとして迎えられる。通常よくみられる、まず立ち位置やダンスを覚えて余裕が出てきてから表情に取り組む、という流れとハコイリ♡ムスメは逆をいっている。

そんな彼女たちの女優としての表現力は、AKIBAカルチャーズ劇場で開催される定期公演での「劇団ハコムス」で最大限に発揮される。アイドルと演劇は、ここ数年のアイドル界において頻出するトピックだが、基本的にはすべてアイドルがどう演劇的な要素を取り入れるか・あるいは演劇に挑むかというスタンスだ。ハコイリ♡ムスメに関しては完全に逆で、女優がアイドルに挑戦する形を、うまくステージの中に取り入れている。ここで彼女たちはライブでもなく、ミュージカルでもないハコイリ♡ムスメだけの世界を展開していく。

曲の世界観を現す演技をメンバーを行ってから、実際の曲に入っていく「劇団ハコムス」。ユニット曲として、季節に応じ披露されるこのコーナーは、定期公演での組みこまれ方も独特だ。単独で披露される事はなく、まず3曲セットで披露される。しかも第1章で歌った曲は、第2章の定期公演に進むにあたったいったん封印し、4月は季節に合わせた春の新曲のみで開幕する形式も、新セットリストというよりは新公演という呼び名がふさわしいものである。

(完全に余談ですが、ハコイリ♡ムスメのもうひとつ、唯一無二のアイドル現場にしているものは、日本一しおりが売れるたいへん愉快なアイドル現場であることです。これ、間違いない気がします。しおりの販売に購入制限がかかる現場とか聞いた事無い。詳しくは #はこむすといっしょ で検索してみて下さい)

門前さんは「劇団ハコムス」の中で常に切なさ、寂しさを背負う姿で配役を受け、そのポテンシャルを存分に見せつけてきた。パジャマ姿で失恋相談をしてもらうパジャマでドライブ、卒業の季節を迎えた学校で交錯する想いをが描かれた15分越えの大作である「はじまり」、そして先日初披露された第2章における鉄戸美桜とのコンビによる「いちご水のグラス(斉藤由貴)」。

「劇団ハコムス」で魅せる門前さんの表情は本当に素晴らしい。上記の「はじまり」も心掴まれますが、今回の新作であるこの「いちご水のグラス」は、心を通わす鉄戸美桜コンビとの距離感も素晴らしく、門前さんの演技に心が震えた…彼女は、ハコイリ♡ムスメが、ハコイリ♡ムスメであるがゆえの中核を担っている人だと思っていた。常にこの「劇団ハコムス」において押さえの重要なポジションを任されてきて、それに見事に応えてきた。


グループ最年長、高校3年生、夏手前…でもどこか無事に第2章で明るいスタートが切れて油断していたのかなぁ…長々とこうハコイリ♡ムスメについて書いてきて、いつでもそんな発表があっても驚かない用意はしていたつもりだったけど、やっぱり凹む。というかいくら予想出来ていたとしても凹む。大切なお知らせや、嫌な予感に対して予想がつくからといって、ショックを受けないなんて嘘だ。

ハコイリ♡ムスメのメンバーみんなが好きだし、門前亜里さんのステージ上のすべてが大好きだ。新たに踏み出す7人のハコイリ♡ムスメが今から楽しみな気持ちもあるけど、できるだけ長く、彼女たちがこのアイドルシーンに咲かせた、一輪の唯一無二の世界観が大きく花開いていく姿をこの8人で見ていたかった。
門前さんは女優は続けていくが、実際に間近で彼女のステージを観れるのは残り2ヶ月間。ここまで読んでくれたあなたに要は何が言いたいかというと、女優・門前亜里をアイドルとして間近に見られる機会はもう限られているという事です。残り2ヶ月を切って、ぜひ門前さんというひとりの若手女優が、アイドルとしてこのステージに立っている姿を、出来るならばAKIBAカルチャーズ劇場の「劇団ハコムス」で見て欲しいなと願うばかりです(6月13日・7月19日)。以前に観た事があるという人も、ぜひ足を運んで欲しい。第2章になった8人はめきめきと成長し、新たな風・阿部かれんも加わり全く別のグループになっています。

2014年にはチラシ配りに訪れていたTOKYO IDOL FESTIVAL、トークショーのみの出演に限られていた@JAM EXPO等の大きな夏フェスへのステージ出演が決まっていただけに、門前さんと一緒にこの熱い上昇気流に乗ろうとしているハコイリ♡ムスメの夏を過ごせないのは、正直寂しい。でも一緒に過ごす時間が残されているというのは、やっぱりとても恵まれた事だと思うので、出来る限り残りの現場には行こうと思います。最終公演は7月19日(日)。あの娘をいつまで観れるかわからないなんて、ハコイリ♡ムスメに限った事では無いですが、もう今しか見られないアイドル・門前亜里のステージ、ぜひその眼に焼き付けてみませんか?



門前亜里卒業までのハコイリ♡ムスメの予定 *5月26日時点

・5月27日 「FUTURE GENERATION TRIO LIVE」Vol.4@AKIBAカルチャーズ劇場・18:30~
・5月30-31日 ハコイリ♡ムスメ初夏のバスツアー@群馬
・6月10日 「FUTURE GENERATION TRIO LIVE」Vol.5@AKIBAカルチャーズ劇場・18:30~
・6月13日 ハコイリ♡ムスメ定期便6月号~6月のひと時の梅雨の晴れ間~@AKIBAカルチャーズ劇場・12:00~ (申し込み)
・6月24日 「FUTURE GENERATION TRIO LIVE」Vol.6@AKIBAカルチャーズ劇場・18:30~
・6月28日 「微笑みと春のワンピース」MV披露イベント@AKIBAカルチャーズ劇場 (申し込み )
・7月11日 TOKYO IDOL PROJECT LIVE Vol.6@AKIBAカルチャーズ劇場・12:00~
・7月19日 7月定期公演(名称未定)・門前亜里卒業公演@AKIBAカルチャーズ劇場 (2回公演)

※毎週木曜日18:30〜Showroomで「ハコイリムスメのハコベヤ」配信中

最新の情報は公式サイトで:ハコイリムスメ(ハコムス)公式サイト
# by gulliverdj | 2015-05-26 23:36 | アイドル

ガリバー(@gulliverdj)×アイドル





Profile

ガリバー gulliverdj

大阪の現場大好き社会人ヲタ

推しメン:安福美麗/清水佐紀/鞘師里保/西野七瀬/大場美奈/佐藤綾乃/田﨑あさひ/田中れいな/根間菜月/原直子/坂井朝香/庄司芽生/高田里穂/橋本絵莉子/宮澤佐江/石田安奈/前島亜美/田中梨奈/宮繁恵梨/田辺奈菜美/橘ゆりか/萩原舞/玉井詩織/稼農楓/小野亜由実/大塚光/小川紗季/清本晏名/阿部愛友美

アンチメン:なし
ヲタ歴:8年
狼歴:7年
所在地:大阪
年齢:29
現場用装備:自作ヲタT
Mail/Contact


TwitterでガリバーをFollow!

ガリバーのInstagramを観る!

gulliverdj`s tumblrをチェック!

記事ランキング
タグ
カテゴリ
検索
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル