タグ:インターネット ( 1 ) タグの人気記事
原因はわからない事の方が多い・とても素敵なUSTREAM番組の話とそこで今週起こった事について
最近、毎週水曜日が楽しみで仕方がない。

世間によくあると聞く「水曜はNO残業デー」とか、楽しみにしているドラマがあるからとか、映画をお得に観れるレディスデーだから(そもそも関係ない)だからではない。大阪に今年から、平日夜の紳士の憩いの場が出来たからである。大阪の老舗ボーカル&ダンスレッスンスクールに通う少女たちが毎週撮影をしている様子を実際のスタジオで観覧できるUSTREAM番組「CUTE de BEAT」(毎週水曜日18:30〜)が始まったからである。スタジオ自体がたこ焼き機を備えたバースペースが併設されている場所になっているので仕事終わりにビールを飲みながらたこ焼きを頬張りつつ少女たちがトークしている様子を眺めることが出来る。おまけに会社から歩いて15分ほどのところにある。近い。

ここで驚くのは、番組の完成度が極めて高い事。ラジオ放送という事になっているため、毎回4〜5人前後のメンバーがテーブルに対して横並びになって私服で座ったまま番組は収録される。歌の披露は無い。あくまでトーク番組である。構成がおおよそ2つのコーナーと2回のCMによって分かれる。CMはイベントの告知やライブ映像のダイジェスト版が編集されている。時間はほぼきっちり60分で台本によって進行されるためダレた感じも無い。BGMがあり、効果音も随所に挿入され、マイクとの音量バランスもきっちりしている。上映は2台のカメラによって行われ、必要に応じて切り替えが行われ、しゃべっているメンバーにズームしたりもする。

ビックリするのはこれらの台本、設定、カメラ、PA操作をすべてたった1人の男性スタッフが行なっている事である。さすが大阪の老舗の芸能事務所、凄まじく優秀な方が現場にいる。直接話した事も名前も知らないのだが、何度観てもその動きに詠嘆し、密かに尊敬している方である。才能に溢れた少女たちが、そんな大人が用意したステージで輝きを放っているのを毎週、現場で生で観れるのは貴重な時間だ。

そんな人でも慌てる時がある。

先週の番組収録中に、ネット回線が不安定のためUSTREAMでのオンエアが中止になってしまう事態が起きた。途中に回線が切れ、何度か復活するものの数分経ってまた切れてしまう繰り返し。途中で番組の進行は困難と判断し、お詫びの放送をiPhoneから行った。それまで始めての事だったと話していた。僕自身も初めてだった。現場ではネットが切れてしまう度に、このたった1人のスタッフの方が色々原因を探るんだけど結局わからないまま。復帰するのを待っている間、メンバーはマジカルバナナを始めたり、オンエアの中止決定後も一部のコーナーは現場にいる人に向けてのみ行ったりして、現場でしか観れないものも多く不満を抱くどころかまったく逆に、レアなものが観れたと嬉しい気持ちの方が大きかった。

結局、原因はわからない。現場のオペレーションは完璧だった。台本に沿ってメンバーは番組を進行し、その1人のスタッフの方がすべて手動でカメラも音量も操作し、その淀みない職人芸がネット上にOAされるだけだった。でもそのネットへの接続の調子が悪い。USTREAMが落ちたのか?放送がブロックされたのか?プロバイダがサービスダウンしているのか?ルーターが壊れたのか?それらの問題は、現場の職人であるそのスタッフの方の問題では無かった。すぐに確認して解決が出来るようなことでは無いのは、現場にいた誰の目にも明らかだった。

こういう事は実に多い。Twitterの問題もそう。Twitterに繋がらない時に、そもそもTwitterクライアントが悪いのか、Twitter自体のサーバが落ちたのか、そもそも携帯の電波が圏外なのかわからない。特にTwitterのAPIの仕様変更に伴う対応にまつわる反応に顕著に現れる。僕も技術的に詳しいことはわからいのだが、Twitterの仕様変更によってすべてのTwitterクライアントが対応を余儀なくされソフトウェアのアップデートを行った。それに際して生じた変更をユーザーが「糞アップデート!!!」「(クライアント名)終わったな」と憤慨している。直接怒りのクレームを入れるユーザーもいる。自分が使用しているクライアント名で検索をかけてみると酷い事になっている。その原因が開発者ではなくそもそもTwitterの仕様変更であるのにも関わらず開発者が怒られていてしかも、謝っている姿は気の毒としか言い用が無い。

ネット外でもこういう事はある。電車に載っているとアナウンスで車掌さんが「電車が混雑しておりましてご迷惑おかけしております。」と話す違和感。混雑しているのは車掌のせいでもなんでもないのに。

3月1日に放送されたLCCを舞台にしたドラマ「チープ・フライト」でもCAに徹底的に「謝らない」と教育指導する場面があった。過剰といわれる日本のサービス業を象徴するシーンだ。供給されるサービスの当たり前のハードルが高くなりすぎた時に、顧客相手に必要以上に「申し訳ございません」と言ってしまう、接してしまう事は自分自身の業務を振り返ってもある事だ。


話が最初からだいぶ逸れてしまった。

うまくいかない時に、始めて普段うまくいっている事の恩恵を知る。失って初めてわかるその重要さ、とは少し違う話し。そんなセンチメンタルな感情じゃない。当たり前と想っている事の凄さをつい忘れてしまう事が多い。特にそれが目に見えないものの場合。「クレーマー」という言葉が一時流行ったりもした事がある。それは原因はどこにあるのか、どうにもそういうものが見えなくなって、見えないものが多すぎて、感情のはけ口をどこにしたらいいのかわからないストレスを抱えることが多い状況が増えた事があるからでは無いのだろうか、と思う。社会の複雑化、と呼ばれるものは多くの恩恵をもたらしながら多くの問題や仕組みを見えなくする。

ある感情が発生しそれが何かの対象に向かおうとする時、その感情の矛先が向く方向は正しいのかと思う。その矛先を向けるべき相手はそこなんだろうか。ぐっとこらえる度に胸の奥につっかえが増えていく。でもこれは仕方がないのだ。原因はわからない事の方が多い。原因を探ればわかることもあるだろうけど、その時間と労力を割くくらいなら諦めて前に進んだほうが、よっぽど健全な事が多い。そういう選択をして毎日は進んでいく。

来週はUSTREM放送、うまくいくといいな。素晴らしい番組が、原因のわからない問題によって障害を受けるべき理由なんてどこにもないのだから。
by gulliverdj | 2013-03-08 03:22 | 独り言

ガリバー(@gulliverdj)×アイドル





Profile

ガリバー gulliverdj

大阪の現場大好き社会人ヲタ

推しメン:安福美麗/清水佐紀/鞘師里保/西野七瀬/大場美奈/佐藤綾乃/田﨑あさひ/田中れいな/根間菜月/原直子/坂井朝香/庄司芽生/高田里穂/橋本絵莉子/宮澤佐江/石田安奈/前島亜美/田中梨奈/宮繁恵梨/田辺奈菜美/橘ゆりか/萩原舞/玉井詩織/稼農楓/小野亜由実/大塚光/小川紗季/清本晏名/阿部愛友美

アンチメン:なし
ヲタ歴:8年
狼歴:7年
所在地:大阪
年齢:29
現場用装備:自作ヲタT
Mail/Contact


TwitterでガリバーをFollow!

ガリバーのInstagramを観る!

gulliverdj`s tumblrをチェック!

記事ランキング
タグ
カテゴリ
検索
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル